主にホビー系・CGとかをメインに、どーでもいい事をつらつらと


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
のんののーん。
やっと煩わしい出張が終わって帰ってきたぜ。
というわけでただいま!犬っす!ヒャッハー!

まず最初に如何でもいい話。
この間お茶をぶちまけたノートPC、アレから騙し騙し使ってますが、どうにも調子が悪い+そろそろスペック不足で仕事に支障を来たす様になってきたので、新しいのを買うことにしました。
んで、今まで使ってたのがDosparaのPrime Note Chronos VR3 ってのを使ってました。
スペックとコスパが良かったんで、今回もDosparaのノートを買うことに。
そこで選んだのがこいつ
BT搭載型モデルと悩んだけど、グラボとUSBの位置的にこいつになりそうです。
というわけで、買ったらまたご報告しますよん。
…興味のある人が居れば(゚д゚)

さて、それでは今回のアタサイは、前回予告したとおり「簡単に作れる!アイデカールもどきの作り方!」でお送りしたいと思います。
では早速。
【用意する物】
転写シール
トップコート(クリアー)
エナメル X-2 ホワイト※この辺はラッカー系じゃなければなんでも
※あれば便利
マスキングテープ

【作り方】
1.まずPC上で目を書きます。
目データ半分
※マスターサイズがUP出来なかったので、半分サイズで
2.コピー用紙などに印刷し、サイズを実寸にあわせたら、転写シートの台紙に印刷→インクが乾くまで放置。
  ※ここはしっかりと乾かす事が重要です。
Cirno205.jpg
※これは幽々子用の目ですん
3.インクが乾いたら、トップコートを軽く拭き、表面をコーティングする。
  ※これやらないと、次の工程でインクが溶けます
4.トップコートが乾いたら、白を白目に合わせて塗り、白塗料が80%くらい乾燥するまで待つ。
 ※このとき、白目が全部乾いてしまうと後工程で凸凹に馴染ませる時、ひび割れが発生します(つдT)
  また、『白目の位置からはみ出るのはまずいが、瞳など印刷されている物の上ならはみ出してもOK』です。
  この辺は需要があれば図入りで説明しますけど…多分、やればわかるw
Cirno206.jpg

5.1セット分を切り出し、おおよそ余白を切る。
Cirno207.jpg
※このとき、正方形に切って置くと後述の工程で、位置決めが楽になります。

6.マスキングでガイドを作成(やらなくてもいいですが、やった方が成功率は高いです)
Cirno203.jpg

7.台紙に粘着シートをくっ付け、フィルムを外しガイドラインに添って貼り付ける
※この辺は紙の取り説に準じた手順ですね
Cirno208.jpg

8.水を吸わせた綿棒でこすり、凹凸に馴染ませる
※水が多過ぎると回り込んで塗料が剥げたり、フィルムが破けるのでお気をつけ。
Cirno209.jpg

9.台紙を取り外し、最後にトップコートでコーティングしてやれば完成
※コーティングしないと、フィルムの被膜が非常に弱いので、直ぐに剥げます。
Cirno210.jpg

ヅラ髪の毛を装着するとこんな感じに
Cirno211.jpg

最後のコーティングに2~3回も重ね塗りすれば、目視でも段差が確認できなくなるくらい被膜が薄いです。
失敗した時もリカバリーが簡単。
ちょっと大目に水を含ませた綿棒でゴシゴシこすり、印刷された被膜と粘着シートを取ります。
次に、同じく綿棒にエナメル用の溶液を染みこませて、残った白目部分をゴシゴシこすります。
最後にティッシュで粘着シートの残りを取れば、元通りになりますよん。

尚、リカバリーする時は最後のトップコートを吹く前にやってくださいね
じゃないと取れないですからw

ちなみに
マスキングテープでガイドラインを作るって言う案は、出張にいく当日の朝、新幹線の中で閃きまして。
んで、出張から帰ってきてから前回UPした写真のフィギュアを見ると、目が素敵にずれてたので張りなおしてきましたよ(´ω`)


はい、というわけで簡単なアイデカールもどきの作り方は如何だったでしょうか
1000円以内で簡単に目シールが作れるうえに、失敗しても何度でもトライできるのは結構よさげだと思いますが。
フィギュアの目に関してはいろいろ手法があるので、その選択肢の一つとして覚えて置いて損はないだろうという事で。


さて、今回からオタ街のアフィに登録してみました。
それに伴い、もしかしたらオタ街ブログに引っ越すかも知れません…
とりあえず、チルノの動画が完成してから考えよう!

【今回の記事で使用した物】


以下おまけ
     続きを読む
スポンサーサイト
テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用
e-capcomでの大神予約特典はなんなんだああああー!
というわけでノッケからハイなテンションで失礼します。
昨晩ブログ描こうとして、PCに茶をぶちまけた犬(IN横浜)です。コンバンワ。

皆も精密電子機器に水をこぼしたら、慌てず騒がず主電源OFF→バッテリー外す→拭く→一日放置だ!
覚えておくといざと言う時役に立つぜ!

それ以前に、電子機器の隣にお茶を注いだお茶を置かない事が一番大事だけどな('A`)


・・・・っと、前置きだけで偉い長くなってしまった。
早速本題へ~
     続きを読む
テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用
いいいやほっおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおうううううぃぃぃあぁぁあ!!!

・・・ノッケから取り乱して失礼しました。
さて、本日のネタはズバリタイトル通りなんで、細かい説明とか要らないかもしれませんが念のため。

前からちょくちょくブログ内のネタでも取り上げてますが、俺はミニ四駆GPXをプレイしてます。
出勤の合間とかにカスタマイズして早くなっていくマシンを見るのは、やはり面白い物で(´ω`)

んで、ちょうどチルノの方が一息ついたんで、ゲーム内で使ってる相棒を実際に作ることにしました。
※俺はゲーム内でスピンアックスを購入してから、ボディ指定ミッション以外でスピンアックス以外のマシンを使ったことがないくらいスピンアックスが好きなのです。
※というか、スピン系がすきなのです。
※だからさっさとコブラ実装しやがれ('A`)

閑話休題。
で、今のミニ四駆事情ですとPROマシンじゃないと結構きついので、シャーシはMSシャーシを採用
でも、ここで一つ問題が発生。
ここのサイトでMSシャーシへの対応表が乗ってるんですが、なんとサイドのタイヤガードを外さないとダメとか・・・
実際、この間作ったスピン3兄弟のアックスのボディを当ててみると、相当無理しないと付けたまま載せるのは厳しそうと判断。
だめもとで削ろうかなーって思ったときに、ふとこれの存在を思い出した。
ぺかぺかー

\ スピンアックス クリアボディー! /

はい、というわけで問題点もクリアされたので早速作成。

P1000293.jpg
\できましたー/

P1000286.jpgP1000287.jpgP1000288.jpg
切る時しくじって、おもっきし切り込みいれちゃった関係で、表から塗装してあります。
ついでにキャノピーもクリアを生かしてスケスケにしてみました。

シールは付属のシールをスキャンして、トレースして、色変えて、普通のラベルシートに印刷して貼ってあります。
センターのSPIN-AXEのロゴは、ゲーム内だと水色なんですけど、「鳴神」のロゴを追加した結果オレンジにしました。

セッティングレシピは…超適当だけど見たい人居るのかな…念のため
P1000290.jpg
○ローラー
・F:SX用FRP + 17mmAB(ゴムの色を青に変更) + ショートスタビ
・R:リヤダブルローラーステー+17mm低摩擦Pローラー
○足回り
・モーター:ハイパーダッシュ + MCS
・ギア:3.5:1 + BB
・シャフト:ノーマル + ○穴BB
・タイヤ:ローハイトタイヤ&ホイール(フィン)

おっと、大切な事書き忘れるところだった
○MSシャーシ搭載の為に改造した箇所
P1000289.jpg
・バッテリーホルダー干渉部分のカット
P1000292.jpg
・付属のボディキャッチの後部を切り取って、付属のスペーサーx2で高さをカサ増し
 シャーシにはめるとき、ちょっぴり大変ですが、そこは慣れです。(ぁ

と言う感じで、この間のスピンコブラ -鳴神弐式-に続いて、スピンアックス-鳴神壱式-でした。
バイパーで鳴神参式作りたいけど、手に入らないんだよなぁ(´・ω・`)
もう一度オークションかしら(´・ω・`)
まぁ、そっちは追々作るとして、次はこんなの作り始めてます。
P1000291.jpg
スピンアックスMk-II -鳴神終式-
ウエストが太いのだけがネックだけど、概ね気に入ってるんで主力に仲間入りっす。
それにしても、キャノピーとライトを透明プラ板で作ろうと思ったけど、よく考えたらレギュ違反だった・・・
仕方ない、スピンアックス・クリアボディーの切れ端で作るか(´・ω・`)

というわけで今回はこの辺で。
またにてぃー
テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。