主にホビー系・CGとかをメインに、どーでもいい事をつらつらと


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※前回はテンション異常のため、大変お見苦しい文章になってしまった事をお詫び申し上げます。


咲-saki-の単行本を本屋で注文したのにまだ来ない。
もう2週間以上届かないので、ハンゲームでひっそりと麻雀中。
ども、麻雀初心者の犬です。麻雀面白いよ麻雀(´ω`*)

さて、前回のブログでもちょいと触れましたが、今週は複製週間。
テストショットが出来たので公開いたしま~す
Cirno178.jpg
ででん。
気泡との悪戦苦闘具合はゲートを見ていただけば分かるかとw
でも、この状況でもまだまだでっかい気泡が発生しちゃってます(´・ω・`)
次回の自分への戒めのための問題点列挙。

○基本複雑な形状は下に向けた方がいい
 今回は左腕の付け根・右手の指・ドロワのフリル・胴体の襟
 特に右手のピースはろくにレジンが回らず、ほぼ全ショットでパテ盛りが必要と言う悲惨な状況にorz
 一応、ベビーパウダーのお陰で大分エアが減りましたけど、パテでの修正は必須だなぁ(´~`;

○型を強く押し付けない
 俺は複製に↓こんなのを自作して使ってるんですが
 Cirno177.jpg
 これだと、結構ガンガン挟んじゃうんで、ゲートがものっそい細くなったり
 最悪つぶれて空気が流れなくなってた様で・・・
 その所為で2~3個は上のほうにレジンが回りこんで無かったっすorz

○レジンは10秒くらいかけてすばやく丁寧に気泡出さないように混ぜる
 基本中の基本っすね。でも今回、普通にしくじって硬化不良させちゃって偉い目にあいました('A`)
 硬化不良したレジンを片付ける処理を考えれば、多少の気泡処理の方が全然楽ですの

○古いシリコンはカサ増し用。原型表面付近はなるべく新しいので
 前どこかで『シリコンはある程度古くても大丈夫』と書かれていたので
 1年前のシリコンを使ってみましたが何気に気泡フィーバー。
 ほぼ同じ手順で新しいシリコンを使った場合は問題ないので、やはり古いシリコンは厳しいみたい
 いっそうの事固めてシリコンブロックとして使ったほうがいいのかしら(´・ω・`)

○ゲートは事前に型といっしょに埋め込んでおくと楽
 型を強く押し付けたとき真っ先にゲートが潰れたのが、後から掘ったゲートでした
 やはり、片面だけだと弱いようで…
 エア用のゲートは1.5の針金や竹串でいいからあると楽っすね
 レジン用のゲートは割り箸使ってましたけど、上下で太さが違う事と、木の形状が
 結構粗いので、型に負担が掛かりそう…
 一応次回は『太いストローの両端に粘土をつめたもの』をレジン用ゲートにしようかなぁと
 中が空だから、浮かばないように気をつけないといけないけど、それ以外はコスパ的にも
 形状的にも悪くないんじゃないかなぁと思ったり。
 他にもゲート案でなんかいいのあったらアドバイスくだしぁ(´・ω・`)

以上、『多分複製動画とか見てたら全部書いてあるんだろうなぁ…見ておけばよかった』と後悔しきりの犬でした。
/ ̄/\
l___l _∩l λ...
スポンサーサイト
テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://straydog1013.blog59.fc2.com/tb.php/45-dc0b6c65
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。